「田中憲一先生と教え子たち」展(04/24~05/10)

掲載日:2015年04月14日

201504poster_tanakafinish

如水館では、天草高等学校で美術教育に従事された故田中憲一先生とその教え子の皆さん11名による作品展が開催されます。皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しください。

■故・田中 憲一先生  故・中村清一郎先生(協力出品)

■高田 尚武(S37卒)・荒木久仁子(S39卒)・横山 暁生(S40卒)・宮崎 義和(S40卒)

■布井  剛(S42卒)・尾田 芳孝(S44卒)・小森欣一郎(S44卒)・永野 一久(S44卒)

■井上 正敏(S45卒)・佐々木亮子(S45卒)・松野久美子(S45卒)


《展示会ご案内より》

田中憲一先生(1926‐1994)は、昭和34年4月から昭和44年3月までのちょうど10年間、天草高等学校で美術教育に熱心に取り組まれました。また、当時天草各地の海岸に放置されていた大型木造船の朽ちた残骸を描き、熊日総合美術展や独立美術協会展などで発表。昭和42(1967)年には「朝日油絵コンクール」でグランプリを受賞するなど、〈廃船〉シリーズで全国的に注目を浴びた画家でもありました。

今回、田中先生に指導を受け現在も作家活動や作品制作を続けている教え子たちが集まって、亡き恩師と共に作品展を行い、先生が生前から「君たちが大人になったら、一緒に展覧会をしよう」と言っておられたことを、遅ればせながら実現することになりました。当時先生は34歳から43歳、私たちは高校生でしたが、今は先生の晩年の年齢やそれ以上になってしまいました。

この展覧会を通して、田中憲一先生の情熱あふれる指導と私たちの若き日の美術に対する高揚感を感じていただけたらと思います。


■展示会の風景-準備中-

Copyright© 2013 社会福祉法人 慈永会 All Rights Reserved.