「人道の外交官・杉原千畝と命のビザ」パネル展(10/31~11/11)

掲載日:2014年10月08日

sugihara_poster_web2finish


 

第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアのカナウスでユダヤ人難民のために日本通過のビザを発給し続けた杉原千畝氏。約6000人の命を救ったその行為により、「東洋のシンドラー」とも呼ばれています。

今回、11月9日(日)の杉原美智氏特別講演会「杉原千畝と命のビザ」に合わせて、杉原千畝氏とその家族がたどった日々を写真パネルでご紹介する機会を得ました。

貴重な資料です。皆様のお越しをお待ちしてます。

入場無料。開館時間は9時から17時まで(最終日は16時まで)。水・木曜日休館。尚、期間中、夜間開館の日は20時まで開場しています。


■展示室の風景-準備中-